ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○2017『大石芳野写真集 戦争は終わっても終わらない』○

 『大石芳野写真集 戦争は終わっても終わらない』
著者名:大石芳野 出版社:藤原書店 文責 美術 木村顕彦

 本書は、大石芳野の写真集である。
 広島、長崎、広島、沖縄、ほか。戦争を主軸テーマとし、被爆をテーマとした写真も含めながら一冊にまとめられている。 
 写真に添えられた解説を読むと、様々なことが浮かび上がってくる。例えば、静岡県焼津市、第五福竜丸の船員で、アメリカの水爆実験の被害(いわゆるビキニ事件)に遭った大石又七を撮影した写真には、次のようなことが書かれている。
 「大石又七さんは子ども2人、孫3人に恵まれた。娘の佳子さんの家族と同居している。被爆したことや補償に対する周囲の妬みなどもあって静岡県焼津に居にくくなり、東京へ移住してクリーニング店を始めた。」
 ・・・補償に対する周囲の妬み。
 一体これは何なのだろう。核の脅威うんぬんを言う前に、人の心というものもなかなかに厄介だ。
 また、2013年にすべて姿を消した同潤会アパートや、そこに住む(かつて住んでいた)人々を撮影した写真もある。
 それを見て、思う。
 同潤会アパートと戦争は、何か関係があるのだろうか、と。
 実は、この写真集を見るまで、同潤会アパートというのは東京に昔からあるアパートという認識しか、私にはなかった。
 だが、考えを改める。
 本書によると、同潤会アパートは「関東大震災後、被災者救援のために1927年に建設された」ものであり、かつ、東京大空襲による戦火をくぐり抜けた建物だったことがわかる。
 ここに掲載されている人たちの声、言葉を、表情を多くの人に読み取ってもらいたい。
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -