ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○2046『挿絵画家・中一弥-日本の時代小説を描いた男』○

『挿絵画家・中一弥-日本の時代小説を描いた男』
著者名:中一弥(末國善己・構成) 出版社:集英社
文責 美術 木村顕彦

 本書は集英社新書の一冊。ある一人の挿絵画家の評伝だ。
 その挿絵画家の名は、中一弥(1911-2015)。104歳の天寿を全うした人物である。
 彼は、司馬遼太郎(1923-1996)や池波正太郎(1923-1990)による時代小説の挿絵で知られる。
 さて、時代小説や挿絵と言っても、現在の若い人にはピンとこないかもしれない。だが、漫画が隆盛を極める以前、時代小説は庶民の娯楽の代表的なものであり、小説挿絵の影響力は、今よりも大きいものだったことだろう。
 例えば、さいとう・たかを(1936-)が自身の画風を確立する際に、中一弥に影響を受けたというエピソードをテレビで目にしたことがある。劇画(リアルな内容と絵柄による漫画)というものを立ち上げる際に、それにふさわしい画として挿絵画家・中一弥を参考にしたのは何とも興味深い(そう言えば、さいとう・たかをは、中一弥が挿絵を担当した小説『鬼平犯科帳』《池波正太郎・著》を漫画化している。)
 本書刊行は2003年。当時90歳を超えながらも現役で活躍していた中(なか)による回想を、文藝評論家の末國善己(1968-)が構成した形で書かれている。2015年に亡くなった中一弥の業績を後世に伝えるという意味で、本書の存在は貴重であろう。
 通読して、印象的だった箇所を以下引用。
 「(略)挿絵は簡単に描けるもんじゃないんですよ。やっぱり、才能の問題です。どんな名画を官展に出品したって、挿絵を描けない人は描けないんです。」
 また、モノクロながら図版も充実。それを見れば、戦前から戦後にかけての中一弥による挿絵の代表作を知ることができる。 
 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -