ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○2080『8月6日のこと』○

 『8月6日のこと』
著者名:中川ひろたか(文)長谷川義史(絵)
出版社:河出書房新社 文責 美術 木村顕彦

 本書は絵本である。
 カバー絵は、水色の空。それに、黒い文字でタイトル「8月6日のこと」。
 黒い文字というのが、重い。
 色彩同士の調和を考えれば、普通は水色の空の背景に黒い文字は配置しないだろう。
 だがそれは、本書のテーマによるものか。
 タイトルの「8月6日」とは言わずと知れた、広島への原爆投下の日である。
 本書は、文章を担当している中川ひろたか(1954-)の叔父の被爆体験が基となっている。  
 原爆投下のあった1945年から9年後の1954年に生まれた中川が、母から伝え聞いた実話を次世代に伝えるべく描かれたのが本書だ。
 ちなみに本書刊行は2011年。東日本大震災および福島第一原発の事故があった年である。
 そういえば、密着ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(2011年6月26日放送)において、本書の絵を担当している長谷川義史(1961-)が取材を受けていた場面が思い出される。
 その時に彼が執筆していた作品が本書であったはずだ。
 本書の原画を描きながら彼は、怒りの言葉を口にしていた。
 それは、2011年3月11日の出来事に起因した怒りだったと想像できる。
 長谷川義史は、優しさゆえの怒りを内包した絵本作家だと、その時に私は強く思った。
 本書に登場する、一面焼け野原になった広島の大地と空を描いた場面。
 その絵の赤紫色を見た時、不意に桜井浜江(1908-2007)と須田国太郎(1891-1961)の油絵の色彩を思い出した。
 子どもたちは本書を読んで、何を思うだろう?多くの人たちに読んでいただきたい一冊だ。
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -