ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○2087『タモリと戦後ニッポン』○

『タモリと戦後ニッポン』
著者名:近藤正高 出版社:講談社 文責 美術 木村顕彦

 本書は講談社現代新書の一冊である。
 この新書シリーズは、表紙に、色が塗りつぶされた正方形が書かれている。
 塗りつぶされた色は、本によって異なる。赤もあれば、オレンジもある。
 そして、本書はというと、正方形の色は、黒。
 どうしてこの色なのだろうと思いながら、表紙を見つめているうちに、答えというか、仮説が思い浮かぶ。
 これは、タモリのサングラスを表現しているのではないか?という仮説である。
 タモリ(1945-)。タレント。言うまでもないことかもしれないが、30年以上の長きにわたり、テレビ『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)の司会を務めた人物である。
 彼は1945年に生まれている。日本が終戦を迎えたその年に生まれたことから、彼は近年、戦後日本を象徴する人物として語られることが多い。
 そして本書もその考えを踏まえている。それゆえの『タモリと戦後ニッポン』というタイトルだ。
 本書を読めば、タモリがこれまで歩んできた道のりを辿ることができる。いわばタモリの研究書とも言える書籍である。
 そんな大げさな、と思われる気もするが、本書のようなかたちで研究成果がまとめられたことによるメリットは確かにある。
 それは、タモリに関する参考文献の一覧が掲載される点だ(それは、タモリに限らず研究全般に言えることだが、やはりその点は強調したい)。
 例えば、松岡正剛(1944-)とタモリの対談集『愛の傾向と対策』(工作舎・刊)なる書籍の存在など、私は本書を読むまで全く知らなかった。そういった書籍からの引用箇所があることによって、読者はそれまで知ることのなかった本の存在を知る事ができるわけだから、やはり面白い。
 昔からのタモリを知る人も、そうでない人も楽しめる一冊だ。
 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -