ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0307『天地人 上・中・下』

『天地人 上・中・下』
著者名:火坂雅志 出版社:NHK出版 文責かなめ

 「輝虎(謙信)公の曰く。天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というのは、和漢両朝上古にだも聞こえず。いわんや、末代なお有るべしとも覚えず。もっとも、この三事整うにおいては、弓矢も起こるべからず、敵対する者もなし」(『北越軍談 謙信公語類』)
 この本は、川中島の戦いに代表される、上杉謙信と武田信玄の後世お話である。越後に覇を唱えた上杉謙信の下で薫陶を受け、「義」の精神を学び、そして戦国時代を生き延びた直江兼続。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など天下人とも真っ向から渡り合い、関ヶ原の戦いの後米沢に移封されるも、家臣領民の幸せを願い国造りに励んだ直江兼続の一生を描く。
 長篠の戦において武田が敗戦した理由を兼続は、「武田が織田軍敗れたのは、騎馬隊の強さにこだわるあまり、軍備の刷新に乗り遅れたせいだろう。時勢に応じて仕組みを変えてゆけぬ者は、滅びるしかない。それが世の定めだ」と語る。謙信曰く、「義とは、人が人であるための心得だ。義なくば、人はただ欲にまみれ、禽獣と変わらなくなるだろう。」このように、両者「義」とは何かを最期まで追い求めたため、臣民からも愛され、天寿を全うできた。また、徳川の世の中になっても、生き延びることができたのでないだろうか。上に立つものは先見の明なくしては、存続は不可能である。現代の世の中も、今一度歴史を振り返り、自分の立ち居振る舞いを正すときが来たと考える。

学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -