ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0398『津波災害』

『津波災害』
著者名:河田惠昭 出版社:岩波新書 文責 理科 井上嘉名芽

 2011年3月11日14時46分18秒、日本の太平洋三陸沖を震源として発生し、東日本を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災・・・。多くの犠牲者を出し、毎日テレビで「がんばろうニッポン」と復興に向けて一歩一歩進み始めている。今回の地震は津波の被害が甚大であり、日本では過去最大のマグニチュード9.0を記録した。そのため、福島第一原発の電源系統が壊滅し、冷却装置が作動しないことから、いろいろな惨事へと続く事となった。津波に対して三陸海岸方面では防災準備をしていなかったのであろうか?いやそうではない。数々の防波堤を作り、津波に備えてきた。しかし、その堤防を今回の津波は越えてきたのである。
 本書は、「津波は繰り返す」と何度も記述している。また、津波のことを正しく後生に伝わっていないのが現状だと述べている。沿岸部に隣接している自治体は津波に関する知識の絶対量を増やすことが先決である。では、私たちが押さえておきたい大事なところは何であろうか。
「地震の揺れは小さくても、一分以上揺れている場合は津波地震の危険性がある。」ということである。
立っていられないほどの揺れがあった場合は、津波の来る恐れがあることを予想しやすいが、弱い地震の時でも津波が来る可能性があること知っておく必要がある。私自身も、津波のことについては何一つ知らなかった。今までに聞いていた津波の予兆など、全ての津波に当てはまる予兆ではないことが分かった。情報を正しく知ることは大事なのだと、今回の震災と、本書を読むことによって痛感させられた。
 最後に筆者はこう述べている。「避難すれば助かる」と・・・。この手順については本書を読んで確認して頂きたい。 

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -