ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0434『大学で何をどう学ぶか』

『大学で何をどう学ぶか』
著者名:飯田史彦 出版社:PHP文庫 文責 理科 井上嘉名芽

 本校の大部分の生徒が大学へ進学する。では、大学に何を求めるのか。何を学ぶのか。この根本的な事を真剣に悩み苦しんで志望校を決定している生徒はどれだけいるのだろうか。そういう私自身も現役高校生時代は漠然と大学に行くことぐらいしか考えないで、第二次ベビーブームの絶頂期に大学に進学した。そして大学に入ってから真剣に自分のやりた事を探すのは大変なことであった。しかし、私は北溟寮という学生寮に入寮したおかげで、勉学以外の「人脈」と「経験」は十分手に入れることができた。
 本書では『大学とは、「自己の本質を発見し、自己を広げたり深めたりすることによって、自己の価値と可能性を高める成長のための機会」である。すなわち、大学における学生生活は、「試練と悦楽が織り成す万華鏡」であり、その意味において、まさに「人生の縮図」なのである。』と定義している。
 要するに大学では、自分の方から動かなければ、何もやって来てはくれない。自分の意志とは無関係に、自動的にやって来るのは、試練と留年、そして学費納入の請求書くらいである。大学では、全てを自分の意志で能動的に行わなければならない。手を抜こうと思えば、いくらでも抜ける。高等学校までと違って、勉強をしなくても、講義に出なくても、大学に行かなくても、担任の先生からしかられることはない。そもそも、ほとんど大学では「学級」という概念はなく、担任の先生を特定しない大学も多い。従って、自分の意志で講義に出席し、図書館やパソコンを活用しながら勉強し、クラブ・サークル活動などで友人の輪を広げていかなければ、大学では、何事も自動的にやって来てはくれない。そして大学で学ぶべき事は以下の3つである。①「知識・情報・技能」②「人脈」③「経験」。では、これらをどのように学べばよいかは本書をよく読んで確認して欲しい。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -