ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0440『軽装版 学校の怪談大辞典』

『軽装版 学校の怪談大辞典』
著者名:日本民話の会 出版社:ポプラ社 文責 理科 井上嘉名芽

 本書は児童書であるが、学校の怪談の紹介や、「人魂」、「幽霊」、「妖怪」など、日本民話に出てくる用語も詳説している。その中で一例を紹介する。
「百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)
 さまざまな妖怪が、夜になると列をつくって歩きまわることを百鬼夜行という。様々な妖怪を百鬼といいあらわしているが、これは、魑魅魍魎(ちみもうりょう)と同じと見て良い。魑魅(ちみ)は、山・林の精霊からうまれた妖怪で、人に害を与える言われている。魍魎(もうりょう)は、水の神、木・石の精霊からうまれた、小さな子どもの姿をした妖怪で、人をだますといわれている。つまり魑魅魍魎は、いろいろな種類の妖怪・変化(へんげ)の総称である。奈良・平安時代の人びとは、目に見えぬ得体の知れないモノが人間に悪行を働くと考え、それをモノノケ(物の怪)と呼んでいた。そのモノノケは、夜になると出没すると信じ恐れていた。つまり、夜は魑魅魍魎が横行する時間帯だから、夜出歩けば、様々な妖怪に出くわしてしまうと、人びとは考えた。
 百鬼夜行の言葉は、古くは平安時代の『大鏡』という書物に「この九条殿師輔は、百鬼夜行にもあわせたまえるは」と記されている。また、鎌倉時代の『宇治拾遺物語』にも記されている。」
 このように、詳しい内容も記されている。なお、「魑魅魍魎」の四字熟語は漢検の準一級に出てくる漢字である。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -