ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0452『「婚活」時代』

『「婚活」時代』
著者名:山田昌弘・白河桃子 出版社:ディスカバー携書 文責 理科 井上嘉名芽

 1990年頃バブルが崩壊した。その後の日本の若者は就職氷河期を生き抜くために就職活動、通称「就活」を行うことを余儀なくされた。バブル崩壊までは誰でも正規雇用として就職できたが、現在は非正規雇用は当たり前で、フリーターやニートが増えてきた。同じように、結婚も今まではある年齢が来たら自然と結婚できると思われてきた。しかし、現在は全くそのようなことは通用しなくなった。要するに、結婚活動「婚活」の時代がやってきたのである。この言葉は、2007年11月5日号の『AERA』の記事で「婚活」が初めて世に登場した。
 では、結婚の状況はどうなっているのか第二次ベビーブームの1970年と35年後の2005年の既婚率(25~29歳)を比べてみる。
既婚率(25~29歳)
1970年 男性 53.5%
    女性 81.9%
2005年 男性 28.6%
    女性 41.0% 
 1970年頃は男性は10人中5人以上が適齢期に結婚していた。そして、2005年には10人中3人弱にとどまる。女性に関してはもっと顕著に現れ、1970年頃は10人中8人以上が適齢期に結婚していたが、2005年には10人中4人にとどまる。このように、この35年の間にこれだけの差が生まれたのである。よって、経済格差が結婚のチャンスの格差にも影響してきたといえる。また、このままでいくと若者の25%が一生結婚しないと予測されている。
 では、どのようにしてこの最悪の事態を乗り切るのか。それを本書でじっくり読んでもらいたい。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -