ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0462『小説大谷吉継』

『小説大谷吉継』
著者名:管靖匡 出版社:学研M文庫 文責 国語 坂本幸博

 大谷刑部少輔吉継は関ヶ原の戦いで活躍した武将として名高い。戦国時代は「下克上」といわれるように「謀反」や「裏切り」の時代であり、そのことは乃ち「自身の利益のみを追求する」というところにつながっていく。吉継はそうした時代の中で、最後まで「友情」と「主君に対する恩義」を重要視した希有な存在である。
 若い頃から「ハンセン病」を煩い、なかなか戦場で活躍することはできなかったが、豊臣秀吉をして「100万の軍勢を預けて、どのように指揮をとるか高見の見物をしてみたい」を言わしめた人物である。ちなみにこの時引き合いに出されたのは、大河ドラマの主人公にもなった直江兼続である。秀吉は「兼続であれば50万だ」といった後で、吉継の話題を出しているのである。このことからも吉継の軍才が並々ならぬものであったことは疑いの余地がない。そして、その才能は関ヶ原の戦いで遺憾なく発揮されるのである。
 当該図書は吉継が若い時分、織田家から「一対蝶」の家紋を拝領する場面から始まっている。吉継は安土城下で、信長の側近である森蘭丸の兄で、猛将として名高い森長可(もりながよし)を血祭りにあげる事件を起こす。その理由は長可が子どもに暴力をふるったからである。自身が不義としたものであれば、相手が何者であろうがひるむことはない。同じく、吉継が権力にこびない場面が、他の部分でも描かれている。妻の咲が秀吉の養子である秀秋(後の小早川秀秋)の恥知らずな行動に対して、凜とした態度をとり、秀秋に怪我をさせてしまう。それを知った秀吉は激怒するが、吉継は咲の行動をほめ、秀吉に対しても堂々とした態度でいるのである。こうした吉継の気概に、信長や秀吉は惚れ込んでいくのである。己が信じて愛おしむものには悠然として一生をも賭し、主従や武の強弱には頓着もない。こうした、吉継の性根が、関ヶ原で石田三成に味方をさせ、三成とは反発し合った、加藤清正や福島政則をして「紀にい」と慕わせたのであろう。
 さて、物語のクライマックスである関ヶ原の場面では、目も不自由になり、歩行も困難な吉継が竹輿に体を縛り付け、大奮戦する姿が描かれている。輿の上から大音声で指揮をとる吉継の周りには、彼を慕う兵が集まり死を恐れずに戦い続ける。さらに平塚為広、戸田重政といった与力衆も、その力を振り絞り、まさに「暴れ御輿」の様相である。吉継勢は小勢ではありながら、京極高知、藤堂高虎、寺沢広高の軍勢、合わせて八千を瞬く間に蹴散らしてしまう。その様子は、猛将であり己の武に絶対の自信を持つ福島政則が、吉継勢との激突を避けていることで力強く表現されている。
 そうした様子を苦々しく見つめていたのが徳川家康である。家康は配下の将たちに吉継勢への攻撃を命じるが、吉継はその攻撃を思うままに蹴散らしていくのである。当然、吉継勢にも被害は出ているが、彼らは「どうせなら吉継殿のお側で死にたい」といっては、敵陣に突撃していくのである。
 そして、ついにその時がやってくる。松尾山の小早川秀秋勢、一万五千が西軍を裏切り吉継勢に突入するのである。しかし、それを吉継は「待ちかねた。腰抜け金吾を山頂へ押し返せ」として、八百ほどの手勢で松尾山に押し返してしまうのである。小早川勢の裏切りに狂喜乱舞していた家康は、それを見るなり腰を抜かし「吉継は戦の化け物か」と絶望する。また、猛将として名高い島津義弘は「あれこそが真の武士である」と感嘆するのである。
 この時の関ヶ原には日本全国の武勇に長けた将が集結していたが、その中にあっても、その気概を信長が愛で、その才に秀吉が全幅の信頼を寄せ、当代、最大の勢力を誇った家康をも震撼させた吉継は、まさに名将といえる。
 しかしながら、さらなる裏切りが起きる。与力として名を連ねていた四将が吉継勢の背後、側面から襲いかかるのである。その時、一瞬吉継勢の勢いが止まると、小早川勢が息を吹き返し、高知、高虎、広高らの部隊も呼応するように、吉継勢に襲いかかるのである。さすがにこらえきれず吉継勢は壊滅する。するとその様子をみていた西軍の諸将が次々と撤退を始めるのである。まさに関ヶ原の西軍の善戦は、吉継に支えられていたといえよう。
 この奮戦ぶりは半ば伝説となり、その後、大阪の陣で「日本一の兵(つわもの)」と呼ばれる真田幸村が「我が一生の誉れは、大谷刑部殿の娘御を嫁にもらえたこと」と述べているのである。
 吉継を主人公にした小説はいくつか書かれているが、当該図書は特に臨場感あふれる内容になっており、読者の感動を誘うものになっている。また、会話部分には方言が巧みに使われており、その点もとても興味深いものとなっている。
 吉継ファンはもちろん、戦国好きの方々はぜひご一読いただきたい作品である。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -