ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0528『陸遜』

『陸遜』
著者名:太佐順 出版社:PHP文庫 文責 国語 坂本幸博

 孫呉を守り抜いた鉄壁の知将である。若い頃は、山賊の討伐をする以外は大きな戦に出ておらず、内政面において活躍した人物であった。その才能は早くから認められており、妻には呉の先主である孫策の娘を迎えている。また、陸家は名門であり、家柄も問題ない。
 陸遜が戦の場面において皆に認知されるのは、呂蒙と共に関羽を倒した時であろう。病により前線から交代してきた呂蒙を見舞い、その撤退によって関羽が突出してくる可能性を指摘する。実は、これは呂蒙が想定していたことであり、そこで呂蒙は陸遜の慧眼に驚くのである。
 その場は、呂蒙も考えを打ち明けずにいたが、建業で孫権に謁見し、関羽討伐のために陸遜を自身の後任として前線に送り込むことを進言している。そして陸遜は関羽を油断させ、呂蒙が関羽を倒すきっかけを作るのである。その後、関羽の敵討ちとばかりに劉備が呉に大軍で押し寄せてくる。その時、すでに呂蒙は亡くなっているが、その後任の大都督が陸遜である。
 呂蒙は、陸遜の才を見抜き、自身の後継者として指名していたが、周囲の武将達は陸遜のことを全く認めていない。その中で蜀軍は呉軍に対し、さかんに挑発行動にでる。いきり立った武将達は陸遜に出撃命令を出すよう希望するが、陸遜は聞き入れず、出撃しない。
 武将達は陸遜を臆病者呼ばわりするが、陸遜は慎重な姿勢を崩さず、遠征軍である敵の弱点を突こうとしていた。そして蜀軍の疲弊が明らかになったその時、敵の大軍に対し火攻めを行い、退路を断つなどし、蜀軍を壊滅させ、劉備を白帝城まで敗走させるのである。
その後、大軍を率いて呉に侵攻してきた曹休を石亭に誘い出し、策略により敗走させるなど、「守りの戦い」において鉄壁の守備を見せている。当該図書の「帯」に「呉を守り抜いた名将」とあるが、正にその通りの活躍をした人物である。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -