ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0570『大宇宙・七つの不思議』

『大宇宙・七つの不思議』
著者名:佐藤勝彦 出版社:PHP文庫 文責 国語 坂本幸博

 星をみるのが好きだという人は少なくないように思う。私自身、小さな頃から星を見るのが好きであり、小学生の時、夏休みの自由研究の課題で、天体観測のまねごとをし、ノートにまとめて提出したことがあった。
 宇宙には、まだまだ明らかになっていないことが多い。その中でも大きな問題は、「どのようにして誕生したのか」と「どういう構造をしているのか」というものである。この二つの疑問は、お互いに関連し合いながら、われらに対してその問題を提示している。
 ビッグバン理論が提唱されて後、その真偽は多くの研究者によって明らかにされようとしているが、なかなかに結論の出るものではない。ビッグバン理論自体も、初めの頃とはずいぶん様相を変えてきているように思う。
 また、宇宙の構造に関しても新たな理論として、「ブレーン(膜)宇宙理論」や「超ひも理論」なども提唱されている。実際われわれは宇宙がどのような形をしているかは、見ることができない。しかし、さまざまな研究結果から多くのことを導き出そうという試みは大変重要である。
 宇宙に関連する学問分野は主に、宇宙物理学、宇宙工学、宇宙生物学、そして天文学であろう。もちろん、私の知らない分野も存在するに違いない。そうした分野がお互いに相補い合いながら発展し、宇宙の謎を解明する日が、一日も早く来ることを願うばかりである。
 近年、数学の「ミレニアム問題」の一つである「ポアンカレ予想」が解決された。その問題解決の糸口になったのは、「ポアンカレ予想」が直接関わる(位相)幾何学だけではなく、物理学の手法である。こうした成果をみていると、ひょっとすれば、宇宙に関する謎も、いわゆる「宇宙学」以外の分野の力を借りて、解決されうるのかもしれない。奇しくも、ポアンカレ予想をわかりやすく説明するために使われたのは宇宙の話である。多面体の幾何学から空間の広がりをみることによって、多くのことが解明される可能性がある。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -