ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

20100606

『食の世界にいま何がおきているか』
著者名:中村靖彦 出版社:岩波新書 文責 かなめ

 食料生産は長いこと自然の中で営まれてきた。ところが、近年、バイオテクノロジーなど先端技術の開発によって、その姿が劇的に変わりつつある。当り前になってきた先端技術による食料生産の実情をレポートするとともに、食の安全を考える契機となったBSE(狂牛病)やサプリメントの問題にも言及して、食の世界の今後のあり方を考える。 
 前半は野菜工場や魚の養殖事情などについて、後半はBSEや遺伝子組み換え食品などについてのレポートがわかりやすく解説されている。両者とも、よりおいしくて安い食品を効率よく生産するという、私たち消費者のニーズが元になっており、その結果が、光の面(前半)と影の面(後半)との双方となって現れている。少し前に出された本だが、著者のここでの問題提起は、現在でもそのまま当てはまるように感じた。
 皆は意識して買い物をしていたか?スーパーの鮮魚コーナーで売られている,銀ムツ・アマダイ・シロスズキ・クロカンパチ・トロカンパチ オキブリは海外で生息している魚である。特にシロスズキの名称は本当はナイルパーチと呼ばれアフリカのビクトリア湖で多くが生息しる。ビクトリア湖は英国植民地時代の1954年、湖に生息する淡水魚の乱獲によって漁獲量が激減したため、窮余の策としてナイルパーチという外来魚が放流された。この魚は、体長2m、重さ100キロの巨大な肉食魚である。スズキに似ていることから日本には「スズキ(ナイルパーチ)」として輸入されています。この魚が、日本のファミリーレストランのフライをにぎわし、学校給食や弁当の材料に使われていることは余り知られていない。そのためビクトリア湖では在来種が激減し,生態系が崩れてしまい環境問題に発展している。

 キーワード
銀ムツ:メロ マジェラン海峡・ニュジーランド沖
アマダイ:キングクリップ アフリカ南米
スズキ・シロスズキ:ナイルパーチ 西アフリカ
クロカンパチ・トロカンパチ:スギ 亜熱帯の海・沖縄県沖
オキブリ:シルバー ニュージーランド沖
vCJD:人 CWD:鹿 スクレイピー:羊 
ラウンドアップ:除草剤 
ヒラメの陸上養殖 岐阜県

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -