ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0618『奪われた三種の神器』

『奪われた三種の神器』
著者名:渡邊大門 出版社:講談社現代新書 文責 国語 坂本幸博

 当該図書において「三種の神器」といえば、洗濯機、冷蔵庫、テレビの、当時の最新家電製品ではなく、当然、八咫鏡(やあたのかがみ)、八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を指す。天照大神が天孫降臨に際して、孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を高天原(たかまがはら)から葦原中国(あしはらなかつくに)に下らせる時に授けたものである。
 三種の神器は古来より、皇位継承の際はもちろん、さまざまな朝廷での儀式の際に、非常に重要な役割を果たしてきた。その朝廷のシンボルともいえるものに、初めての重大な危機が訪れる。それが安徳天皇入水と宝剣の喪失である。
 いわゆる源平合戦において、平氏が都落ちする際、安徳天皇と三種の神器を持ち出している。安徳天皇を連れ去るだけでなく、三種の神器も持ち出しているのは、その存在に重要な意味があると考えていたからである。その後、壇ノ浦の合戦に至り、入水した安徳天皇と共に、草薙剣も海の藻屑と消える。その後、朝廷や幕府はまさに「国家的プロジェクト」として、剣の捜索にあたっている。しかし、それを発見することはできなかったのである。
 その後、南北朝の争乱においても、三種の神器の存在は重要である。後醍醐天皇は三種の神器に対してのこだわりを持ち続けている。しかし、源平合戦時に、剣を喪失し、代用品を使用しているということが、その存在意義を議論させることになるのである。南北朝以後、三種の神器は歴史の表舞台にほとんど登場しなくなる。これは戦国時代に入り、朝廷の力がなくなっていったということを表しているのだろうか。
ところが、戦国時代においても、大名や武将達は「官位」を授かるために、朝廷に対して、さまざまな働きかけをしているし、関ヶ原の戦いの一部である、丹後田辺城の戦いでは、細川藤孝(幽斎)の死によって、古今伝授が失われる危険をおぼえた朝廷が、勅命によって戦闘停止を命じたとき、攻城側はその通達に従っているのである。これは朝廷の威光が失われてはいないことを証明していると考えられる。
 三種の神器は、現代社会においてはどういう役割を果たしているのだろうか。また、我々は三種の神器に対して、どのように理解していくべきなのだろうか。難しいこともさることながら、冒頭で述べたように、電気製品を「三種の神器」と呼んでしまっている。私はそうした感覚こそが、非常に重要なのではないかと考えるのである。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30