ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0629『驚異の視力回復法』

『驚異の視力回復法』
著者名:中川和宏 出版社:三笠書房 文責 理科 井上嘉名芽

 現代社会は視力低下している人が多い。かくいう私も近眼で眼鏡をかけている。中学校2年生から眼鏡をかけているが、いつもいつか眼鏡無しの生活が出来たらと、視力回復の本を読んできた。今まで読んできた本では、毛様体筋をもう一度鍛えることが出来れば回復すると分かってきた。しかしまた、本屋で本書が目に入り気になって買ってしまった。やはり、同じようなことが書かれているが、いくつか私の知らなかった内容やトレーニング方法が書かれていた。
 野球でフライが上がったとき、正確にボールの落下地点に走れるか走れないかは、守備力の決定的な差になる。野球に限らずスポーツにおいて距離感は大切だ。その距離を把握する視力を「深視力」という。現代では、この深視力が極端に低い人が増えている。実際に娘のミニバスを見ていると、ロングパスが来たときにボールの距離感がしっかりしていないため、全く届かない場所でジャンプしてしまう。要するに落下地点を予測できないのである。
 これらの原因を本書は環境の変化にあるという。窓を開けると隣のアパートが見え、遠くに見えるはずの山も全く見えない。部屋は狭く仕切られ、目の前に壁が迫っている。会社に行くとデスクは視線の30-40cm先にパソコンが置かれている。距離感を感じ取れるようなものが身の回りにないのである。これでは距離感を読めない人が増えるのも当然であると・・・。そのトレーニングとして「コイン投げ」を提案している。
 このように本書は原因と結果、また、その改善方法のトレーニングが具体的に書かれている。私も目の周りの血行をよくすることや眼球の体操はこれから取り入れていこうと思っている。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30