ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

20100610

『タイムマシン論』
著者名:二間瀬敏史 出版社:秀和システム 文責 かなめ
 
 過去から未来へ自由に旅行できるタイムマシン――これこそまさに人類の「夢」の機械です。夢? いいえ、タイムマシンをつくることは理論上不可能ではありません。本書は宇宙物理学者の著者がタイムマシンの設計プランを紹介しながら、時空を取り巻く最先端の現代科学をやさしく紹介します。ワームホールのつくりかた、宇宙ひもによるゴット型タイムマシン、タイムパラドックスの解決方法など、現代科学の超難問を一緒に考えてみませんか?
 タイムマシンという言葉は,イギリスの空想科学小説家H・G・ウェルズが,1895年の小説のタイトルで使ったのが最初です。また,タイムマシンの原理を理解するには,まず,アインシュタインの相対性理論を知る必要があります。相対性理論には「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」の2種類がありますが,どちらもタイムマシンづくりには必要不可欠です。特殊相対性理論によって,時間の進みが運動状態によって変わることが分かります。光の速度と遜色ない早さで運動すると,静止している人に比べて時間の進みがどんどん遅くなるのです。だからといって,そのような乗り物をつくっただけでは,過去に戻ることはできません。過去に戻るには,時空の構造そのものをつくりかえる必要があります。「時空」というのは時間と空間のことですが,これはまるでゴムのようなもので,曲がったり,それ自身で運動したりします。このことは一般相対性理論によってはじめて可能になるのです。そこでこの本でも,特殊相対性理論だけでなく,一般相対性理論についても解説しています。また,この本の著者の二間瀬敏史は現在東北大学の教授ですが、1995年3月までは弘前大学で教授をしていました。



最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -