ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0639『ホンモノの日本語を話していますか?』

『ホンモノの日本語を話していますか?』
著者名:角川oneテーマ21 出版社:金田一春彦 文責 国語 坂本幸博

 高名な言語学者である筆者(父も息子も言語学者)が、日本語についての自身の考えをエッセイ風に述べているものである。言語学の知識の有無に関わらず、気楽に読むことができる点において、著者の能力の高さを感じさせられる。
 私は、当該図書は、日本語に興味を持つ人以上に、外国語に興味を持つ人に読んでほしいと考える。特に中学校や高等学校の英語教員の方々にはぜひ読んでほしい。日本語の特性を十分に理解することが、よりよい外国語教育に通ずるのである。
 また、外国人に対して日本語を教える、日本語教育に携わる方々にも読んでほしい。日本語ノン・ネイティブの学習者がわかりにくい日本語の特徴にも、当該図書を繙くことによって、数多く気付くことができ、指導の際にとても役立つはずである。
 おもしろいエピソードも数多く紹介されている。「日本人は察しのいい民族」という箇所において、『金色夜叉』や「題名は忘れたが漱石の小説」を題材にして取り上げられている例は、日本人の思考体系を考えていく上でも、非常に興味深いものとなっている。また、同じ箇所で、芥川龍之介と菊池寛のエピソードについても触れられているが、そこでの「そば屋の主人」の「察しの良さ」というよりも「配慮」には、ただただ感服するばかりである。
 さらに月へのこだわりの話や、お菓子の命名法、当該図書の最後を締めくくる「ト音記号」の話(この話を最後に持ってくるところに筆者のすごさがある)など、すばらしい内容の話がちりばめられている。
 わくわくしながら、あっという間に読み進めることができる名著である。特に高校生諸君には、ぜひ手にとってほしいと考える。


学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -